学校評価

学校教育法及び学校教育法施行規則にもとづき、学校評価を実施し、本園の教育活動その他の運営についての伸長・改善を目指すとともに、教育水準の保証と向上に努めています。

本園での学校評価(自己評価)の結果を以下に公表致します。

結果欄については、次の4段階で評価しています。

A 十分達成されている
B 達成されている
C 取り組まれているが、成果が十分ではない
D 取組が不十分である

学校評価(自己評価) 平成29年度

園の教育目標

園生活(遊び及び経験や活動)を通して、自主性を育み、人間形成の基礎である人間らしさを培うとともに、みんなで仲良く生き生きと生活する子どもを育てることを教育目標とする。

目指す子ども像

  • みんなと仲良く生き生きと生きる子(人間らしさを培うこと、文化を獲得することが、そのための柱)
  • 物事に興味を持ち、自発的・意欲的・能動的に取り組み、自分から育っていく子
  • 根気強い探究的な態度を身につけ、自分で調べたり考えたりしながら自分で創造する子
  • 楽しく、仲良く、のびのびと遊ぶ子
  • 丈夫な体、豊かな心、自ら考え行動する力を備えた子
本年度の具体的な目標や計画

園の制度や取組の観点から教育環境を見直し、環境の改善・向上に主体的に取り組んでいく。

評価項目の取組及び達成状況
評価項目 結果 結果の理由
園舎の構造や指導方法が子どもの実態に合っている A 異年齢交流のきっかけになる等、子どもたちの活動を有意義にする狙いがあり、保育室は「オープン」で仕切りを設けない構造にしている。この構造は開園当初より採用しているものであり、意図した通り有効に機能しているか見直しを行った。現在でも異年齢間の交流は多く、コミュニケーションの発生にもつながり、十分な効果をあげることができていると考えられる。
全体活動・自由活動においても、教員の先導で異年齢交流を行う機会を設けている(例えば、つなひき大会・遠足といった行事の中で、行事に関係のない他の学年の子も応援や声を掛けるなど)。これによって、保育室の構造と相まって、相乗効果を生むことができた。
延長保育・預かり保育の内容や制度が適切である B 需要が高く、預かり保育の利用者も多い。
可能な範囲で保護者からの要望も受け入れるようにした。
預かり保育は異年齢保育となるため、年齢の違いがあることを配慮した遊びや、大きな子が小さな子に遊びを教えるなど異年齢であることを活かした活動を展開した。
また、子どもの疲れにも気を配りながら、怪我などをしないように気を付けた。
教員間で協力し合い、子どもに合った指導が行えている A 自由活動では「協力方式」(教員がクラスごとではなく場所ごとの担任として指導に当たる方式)を採用している。保育時間終了後は、子ども一人ひとりの活動についての情報を交換し、クラスの子どもの実態を把握するようにしている。これによって、自由活動が放任保育にならず、子どもに合った指導につなげることができた。
子育ての支援活動が適切に実施されている B 預かり保育を実施している他、地域を対象とした子育てに関する相談窓口を設けている。
また、子育てサークルの実施も行った。平成30年度より子育てサークルの活動はなくなったが、子育て支援の姿勢は維持していく。
なお、便宜上、項目名や名称には「子育て」という表現を使用しているが、子どもが主体的に育つのを支援する「子育ち」の視点を重要視している。
発達支援に関する取組が十分に行えている B 発達支援に関する研修に積極的に参加するなど、理解・技術の向上に努めた。
発達障害を持つ子どもの受け入れにはできる限り取り組んでおり、幼稚園として高い水準を維持できていると考えているが、「オープン」という構造上の問題などもあり、受け入れることが困難なケースもある。すべての子どもにとってより良い結果につながるよう、今後も環境の向上に努めていきたい。
具体的な目標や計画の総合的な評価結果
結果 結果の理由
B 評価項目の達成は確認できたものの、見直しにとどまった項目が多く、環境の大きな改善・向上までには至らなかった。
今後取り組むべき課題
課題 具体的な取り組み方法
「わかりやすさ」「伝わりやすさ」の改善 各種配布物やWEBサイトの他、園内の施設・設備なども含め様々なところで、「わかりやすさ」「伝わりやすさ」を改善し、子どもにとっても保護者にとっても、より過ごしやすく快適な場となるようにしていきたい。
教育計画の改善 自主性・創造性を培えるような教育計画を編成し実践しているが、園を取り巻く環境や子どもたちの実態に即した内容となるよう、継続的にこれを加筆・訂正し、より良いものにしていく。
子どもたちの提案や保護者からの要望も、計画に反映できるよう努めていく。